対象者の年齢や経験年数などを考慮して研修のプランを立てよう!

新人研修の際は様々な形式の学習方法を取り入れよう

社員研修を成功させるには、個々の人事担当者が対象者の年齢や経験年数などに着目をして、一人ひとりの社員にとって意義のある時間を過ごせるよう工夫することが大切です。特に、新人研修の際は、講義やグループワーク、プレゼンテーションなど様々な形式の学習方法を取り入れることで、それぞれの社員が研修に対して興味を持ってもらうことが可能となります。また、研修中だけでなく、研修を終えた後も人事担当者や各部署の先輩社員が新人のフォローを行うことで、研修の効果を高めることができます。なお、新人研修の実施期間やテーマを決めるにあたり、経済的な面で余裕がある時は、自社内で話し合いをするのはもちろんのこと、必要に応じて外部の社員研修のコーディネートを行っている専門の会社に相談をするのも良いでしょう。

管理職研修は専門スキルと指導力の向上に力を入れよう

管理職研修を計画する際は、将来の経営幹部や各部署の中核的なポジションの社員を育成するために、専門スキルと指導力の向上に繋がるテーマを取り入れることが重要です。最近では、優秀な管理職を育成するために、グループ企業内で管理職候補が集まって研修を受けたり、外部の専門の研修施設で合宿を行ったりするケースも増えています。また、中途採用者の割合が大きい企業においては、社員の定着率を高めるうえで、画一的なカリキュラムを導入するのではなく、一人ひとりの社員の他社における経験や実績に目を向けて将来に役立つ研修を実施することも大事です。

新人研修とは、新卒や中途入社の新入社員を対象に行う研修のことを指します。ビジネスマナーや、業務に関しての基礎的な知識を学ばせることを目的として行います。